歯についてイメージ画像
  • 一般歯科
  • 矯正歯科
  • その他外来

一般歯科

歯を失う原因の中でもっとも多いのが、虫歯と歯周病です。
自覚症状がないまま病状が進行し、
自己治癒力では治ることがありません。
しかし、これらは早期に発見し治療することで、
歯を失うリスクを回避することが出来ます。
少しでも歯や歯茎などに異変を感じたら、
お早めに当院へご相談下さい。


  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 入れ歯

一般歯科

ムシ歯は、以下の様に徐々に進行していきます。
ムシ歯は、放置しても自然に治りませんので、出来るだけ早期に治療を受けて進行を食い止めましょう。

ムシ歯イラスト

初期ムシ歯

ごく初期のムシ歯であり、穴はあいていない状態。
定期検診や正しい歯ブラシ習慣を身につけることにより、
再石灰化を促し改善することが出来ます。


ムシ歯イラスト

軽度ムシ歯

歯の表面に小さな穴があいていますが、まだ痛みもない状態。
ムシ歯を適切の除去し、詰め物を装着することにより治療する事が出来ます。


ムシ歯イラスト

中等度のムシ歯

エナメル質内部の象牙質までムシ歯が到達し、
冷たい物や甘い物にしみる状態。
ムシ歯を除去し、詰め物を装着することにより治療できます。


ムシ歯イラスト

中等度〜重度のムシ歯

歯の神経までムシ歯が進行し、何もしなくても痛みがある状態。
ムシ歯を除去するだけでなく、
神経を抜く治療が必要になり通院回数も数回必要になります。


ムシ歯イラスト

重度のムシ歯

歯の頭が溶けてほとんどなくなった状態。
この状態まで放置すると痛みもなくなりますが、
根っこの先に膿がたまると激しい痛みが定期的に出ます。
歯を保存することが難しく、抜歯になる可能性があります。


一般歯科

歯周病は、細菌により歯を支えている骨が溶けていく病気です。
基本的に一度溶けてしまった骨は回復する事はできません。
さらに、痛みもなく進行する事が多いため、定期的に歯科医院を受診し、早期発見することが重要となります。

歯の画像

軽度の歯周病

歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)にプラーク(細菌)や歯石がたまり、
歯茎に炎症が起こり始めた状態。歯茎が腫れ、
時々出血を伴う場合もありますが、
専門的なクリーニングを定期的に受け、
正しい歯ブラシ習慣を身につける事により改善が見込めます。


歯の画像

中等度の歯周病

プラークや歯石の付着が増え、歯周ポケットが深くなった状態。
歯茎の腫れや出血が増して、口臭が現れてきます。
この状態を長期間放置しますと歯を支える骨が溶け、
歯がグラグラと動き始めます。
深い歯周ポケット内のプラークを除去する治療が定期的に必要になります。


歯の画像

重度の歯周病

歯茎の腫れや膿などの症状が進行し、
歯を支える骨がほとんど溶けてしまった状態。
この状態まで進行すると、抜歯の可能性があります。
抜歯を回避できたとしても歯周病の手術が必要になります。


歯周病になりやすい要因

喫煙画像

喫煙

血行障害を起こし、口の中の抵抗力が
弱まります。


睡眠画像

歯ぎしり・食いしばり

無意識のうちに過大な力が加わることで、
歯を支える骨に負担がかかります。


清掃不良・磨き残し

磨き残しにより、歯と歯茎の間に
残った食べ物が歯周病の進行を早めます。


その他の要因

糖尿病・ストレス・偏った食生活・
薬の副作用なども進行を促進させます。


小児歯科

当院の考えは、「子どもたちを
むし歯や不正咬合(悪いかみ合わせ)から守る」ことです。
ご家族の方は、お子様が小さなころから
「むし歯にさせたくない・歯並びを良くしたい」という
希望をもっておられます。

理想は、定期的に通院していただき健康な状態を維持し、
一度も治療をすることなく永久歯の歯並びを迎えることです。
治療が必要になったとしても、適切な時期に、
最小限の処置とどめることが重要であると考えています。

小児画像

むし歯予防対策 フッ素塗布

フッ素塗布イラスト

フッ素は、歯に塗ることで組織にしみ込み、歯を硬く強くします。
日々の歯みがきなどのお手入れに合わせて、
定期的に歯科医院でフッ素塗布をすることにより、
虫歯になりにくい歯をつくることができます。 フッ素を効果的に作用させるには、定期的な塗布がかかせません。
当院では、生えたての歯に長くとも6ヶ月、
できれば2~3ヶ月間隔で塗布することをおすすめします。
その後も、永久歯が生え揃うあたりまでは継続するのが理想です。


入れ歯

入れ歯(義歯)とは、虫歯や歯周病などにより
自分の歯を失った場合に、その部位を人工的な材料で補う
治療法の一つです。

失った歯の数・場所によって
入れ歯の大きさや形が変わってきます。

部分入れ歯・総入れ歯ともに、
取り外して丸ごと洗浄することができます。

入れ歯イラスト